);?> 国産 総合栄養食 手作り 犬 ペット フード お徳用パック3kg(ドッグフード ドットわん 無添加 成犬 ドックフード) 犬 ドッグフード 犬 ペット シニア 高齢犬 仔犬 子犬 パピー ドットワン 18b04hjfc51594-ドッグフード - www.aersystem.de

国産 総合栄養食 手作り 犬 ペット フード お徳用パック3kg(ドッグフード ドットわん 無添加 成犬 ドックフード) 犬 ドッグフード 犬 ペット シニア 高齢犬 仔犬 子犬 パピー ドットワン 18b04hjfc51594-ドッグフード

新聞の論説で日本がコロナウィルスの疫学調査にしたのは正当であり、その後の感染拡大で検査を保険適用にしたが、指定医療機関による承認による検査にしたのも治療薬がない状況では正しい選択だったと新聞の論説委員が書いている記事を目にした。この様な愚かな判断をする者が堂々と自説を展開しているのを目にすると新聞の将来はないと思われる。そもそも論だが、検査の意味は何かという視点が違っている。感染者を隔離して感染を広がるのを防ぐのが目的だ。水際対策も出来ていない状況下で何も情報がないのに検査もせずに何が分かるのか。中国が強制的に武漢を封鎖したことも理解できていないで政府の対策を擁護する馬鹿者の主張だ。有効な治療薬がないのに検査をしても意味がないとは暴論極まりない。現在の感染拡大は東京オリンピック開催と習近平来日のイベントを優先し、国民の健康を犠牲にした安倍政権の誤った決断だ。結果的に、習近平の来日が消え、東京オリンピック開催も風前の灯火だ。憲法にも政府は国民の健康を守る義務があると書かれてる。幾ら憲法改正論者とはいえ、現行憲法を無視した決断をする政府は憲法違反だ。今回のコロナウィルス騒動はWHOによる遅かりしパンデミック宣言により、日本にとっては東日本大震災とリーマンショック以上に経済的な影響は避けられない。安倍政権を天罰と言ってるくらいでは済まない経済的な低下が起きてくる。コロナウィルス倒産という標語も出てきており、その影響は計り知れない。危機に陥って初めて愚かな指導者を持った不運を国民は知ることになる。小選挙区制の導入により日本の政治家に人材が集まらなくなり、その政治家が官僚の人事を壟断して能力のある官僚が排除された。グローバル経済時代のリスク管理とは何かを問う時期に来た様だ。米国の友人のメールではNY慶応学院の校長が英国人で、今回のコロナウィルス騒動で早々と学院を休校にしたのを見て英国人の危機管理は大したものと言ってきたが、確かに英国は歴史的にコレラ対策で公衆衛生制度を確立した国だ。日本の対策など危険極まりないといった目で見ているのだろう。日本は情けない政府だ。








欠品の際にはあらためてご連絡いたします。


■原産国 日本
■内容量 3kg(1kg×3袋)専用ダンボール箱でのお届けとなります。

*こちらの商品は賞味期限が短く、お届けさせていただく際の通常賞味期限は2ヶ月~4ヶ月になります。予めご了承下さい。



ドットわんごはん の解説

肉なら、肉そのままを、野菜なら野菜そのままを食材として使用し、丁寧に調理することで、添加物を使わない総合栄養食ができないだろうか?また、飼い主様がもっと手軽に安心してワンコに”天然”を与えられる食環境を作れないだろうか?「ドットわんごはん」はそんな思いから生まれました。日本各地の選りすぐりの13種類もの食材を調達し、それらを手間隙かけて調理し、素材の栄養素を組み合わせることによって完成した、合成添加物・保存料を一切使わない総合栄養食です。

ドットわんごはん の詳細

商品種別
ドッグフード > ブランド別 > さ行~な行 > ドットわん
ドットわんごはん について
・有機栽培・減農薬・原産地へのこだわり。
・合成保存料・香料・着色料不使用。
・玄米の炊飯加工など手間をかけた下処理。
・有機野菜など安心できる「国産・産地限定素材」
・国産原料・添加物不使用にこだわり、天然素材のみを使用。
・飼い主の手作り食を愛犬にとって理想的な食事と考え、手軽に続けられる手作り食として誕生。
・空腹を満たすエサではなく、健康的な体を作る“犬のための自然食”。
・栄養添加物を使わず、素材本来の旨みを引き出すことによるペット食環境向上。
・飼い主が愛犬の状態に合わせて手作りする食事を目指した商品コンセプト。
・ふりかけ、食材の一つ、お湯で煮込む、水に溶かす、様々な調理の活用法。
・主食、素材、栄養補間、多彩なアレンジが楽しめます。
・手作り派、自然食派の飼い主様におすすめ。
・ドットわんごはん、鶏ごはん、豚ごはんでフードローテーションもオススメ。
適応犬種・年齢等
全犬種
原産国
日本
その他
当店は正規代理店です。安心してお買い求めください。
ドットわん お徳用パック3kg(ドッグフード フード ペット 犬 手作り 総合栄養食 国産 無添加 ドットワン パピー 子犬 仔犬 成犬 高齢犬 シニア ペット 犬 ドッグフード 犬  ドックフード)

スズキ Grand Vitara ノーズブラ Suzuki Grand Vitara 2005- CUSTOM CAR HOOD BRA NOSE FRONT END MASK スズキエスクード2005- CUSTOM CAR HOOD BRA NOSEフロントエンドのMASK

台湾は前回のコロナウィルのSARSで被害を受けたこともあるが、今回のコロナウィルスの対応に関しては見事と言える。正に水際で防いだのだが、台湾と中国との経済的な交流を考えると今回のコロナウィルスの国内感染を防ぐのは難しかったと思料する。台湾には戦後の日本が喪失した明治時代の日本の良き部分が残っている様な気がしてならない。日本の感染症対策で有名なのは、日清戦争後の帰還兵達に対する防疫対策だ。帰郷の念が強い兵士たちを孤島に一定期間隔離して当時中国大陸で感染していたコレラなどを防ぐために検査して帰郷させた措置だ。責任者は医師でもあった後藤新平だ。後藤新平は台湾の統治にも関わった人物なのは偶然と言えるだろうか。後藤の精神が台湾に根付いていたから台湾の人々の統治能力が高いのかもしれない。勿論、後藤新平の時代でも防疫対策に対しては非難する人が多かったので、当時の日本人の意識全体が高かった訳ではない。翻って、日本の今回のコロナウィルス対策は東京オリンピック開催や習近平来日予定などが相俟ってSARSの時に影響が少なかった経験をもとにした判断で水際対策を積極的に行わなかった。この時には感染症の専門家の意見を聞かなかったと推測される。日本は医療保険制度が充実しているので、欧米と比べて感染症を防ぐ地理的環境にはある。しかし、感染症を水際で防ぐことや国内感染の拡大を止めるのは環境以上に政治家の決断で決まるのは自明である。台湾の場合にはSARSの時に担当した人物が祭政権の近く居た事も幸運であったと思われる。日本の場合は長期政権で裸の王様になりつつあった安倍首相とポスト安倍を巡っての動きもあり、更に上記のイベントがあるので悲観的な情報より楽観的な情報をもとに判断したと考えられる。これは国民よりイベントを重視しての判断であり、典型的な官僚的な判断である。習近平の来日中止と相俟って急遽コロナウィルス対策を開始したが、時遅しなの自明の理である。今頃なって水際来策を強化した所で、既に国内に入ってしまったコロナウィルスには意味がない。救いは米国の様に医療格差がなく国民は積極的に医療機関に掛かるので、感染拡大と死亡率は抑えられると推定される。また、効果があると言われる200万人に投与出来る「アビガン」も準備されているので、副作用は兎も角緊急的には感染症の拡大阻止には有効だ。この為、今後は感染拡大以上に緊急対応に対する経済的な影響に対策が移ると思われる。医療格差はないが所得格差は米国の後追いした日本なので、その影響の方が大きいと推定される。貯えも少ない非正規雇用などの人達にとって仕事がない状況の方がウィルスより怖い。今回のコロナウィルス対策では官僚から人事権を取り上げて媚を売る官僚を出世させたツケが回ってきた。台湾の祭政権でも見習えと言いたい。

台風15号の上陸で千葉県では電柱等が倒壊して広い範囲で停電が起き、然も予想外に復旧が遅れた。報道では送電線の老朽化を原因としていたが、送電線の更新や樹木の伐採に対する投資を削減していた結果が引き起こしたものであり、その原因は福島原子力第一発電所の事故と同様に電力の自由化による設備投資の削減が原因である。勿論、電力自由化前の電力会社は国策によって必要以上の設備投資を行ってきたのだが、その理由は国民の為ではなく企業に対する電力の安定供給と電力費用の軽減を目的としたものであった。しかし、グローバル経済では企業に対する更なる費用の軽減が求められるようになり、競争と効率化により電力の自由化が潮流となった。米国が電力自由化に先駆けたが、その米国で電力供給や派生した事故で問題が起きており、電力会社の公営化も議論するようになってきている。特に、米国のカルフォルニアの電力会社が老朽化した送電線が引き起こす山火事を防ぐために計画停電を実施したことなどからカルフォルニア州の経済基盤まで揺るがす大事になっている。計画停電で山火事を防ぐなど論外だが、それでも山火事を防げなかったことは、計画停電以上に企業の誘致に影響が出ることになり、最悪な状況となっている。翻って、日本の場合も電力自由化の影響で、千葉県の様に送電線の老朽化等の問題で電力復旧が長期間に及ぶと企業活動にも被害が生じ、千葉県から撤退する企業も出て来ることが予想される。この問題は千葉県だけではなく、日本全域に関係するが、米国では太陽光などクリーンエネルギーの導入が電力会社の経営を圧迫している為とも指摘されており、全く日本も米国の後追いをしているので、早晩には米国で起きている問題も波及してくると思われる。行き過ぎた資本主義の再考の動きも出てきており、日本周辺の海水温度の上昇による異常気象に対するインフラ造りも必要な事から環境に対する視点をを考慮した企業の姿勢が問われることになりそうだ。

不動産狂想曲

某誌の8月号には上場企業の新興不動産業会社を取り上げた記事が掲載されており、内容は企業の財務を分析したものであった。スルガ銀行のシェアハウスに係る問題融資に端を発してレオパレス、大和ハウスなど借り上げ方式のマンションを扱っている会社の施工不良に続き、不動産会社の滞留在庫にメスが入れられてきている。東京オリンピック開催を材料にした不動産の価格上昇はミニバブル現象を引き起こして来ており、今やフラット35と言う低金利住宅ローンの搾取事件にまで及んで来ている。上記の新興不動産会社の財務分析によれば、各社は仕入れた土地建物や建築した建物の売却が進まずに滞留在庫は1社あたり数百億円規模と言われ、このままでは各社とも資金繰りに窮することになると警鐘を鳴らしている。滞留在庫の資金は金融機関からの借り入れと社債の発行だが、金融機関は実情を把握しており、現在以上の融資追加には慎重になっており、今後の資金繰りには増資や社債の発行と見られるが、これに関しても簡単には行かないと見られている。滞留在庫を処分するには損失を覚悟しなければならないが、バブル経済崩壊後には損失隠しの金融商品があったが、今回はどの様な手品で苦境を脱するのか興味深い。翻って、東京都の港区虎ノ門エリアは大規模開発が進められており、その中でも日比谷線虎ノ門駅に直結する虎ノ門ステーションビルの開発、更には虎ノ門・麻布台プロジェクトであり、同プロジェクトは東京メトロ日比谷線神谷町駅と同南北線六本木一丁目駅を地下で結ぶ此れまでになく圧倒的にスケールが大きい。この様な報道や現地の動きを見ていると、日本人の気質から冷静に状況判断を期待しても無理かなと思われる。札幌に大きな寺院を運営する知人の年賀状に正しいと言う字は一度止まって考えると書いてあったことを思い出した。漢字と言うのは流石に英語などと違って含蓄があると思う。グローバル社会になって英語の重要性が認識されている反面、漢字に関しては等閑にされている感があるが、思慮深く考えるには東洋の知も重要だ。

有森裕子さんの講演を聞いて

若い方だとマラソンランナーのオリンピックのメダリスト、然も2回(銀、銅)取った方と知らない人も多いかもしれないが、私の世代だと女子マラソンで活躍した最初の女性の印象が強い。今回、保育事業の大手のJPホールディングスが社員の為に開催した有森さんの講演に参加し、謦咳に接することが出来た。有森さんは引退後の仕事の一つに講演を行っていることもあり、非常に話が上手だった。私は過去に雑誌か何かで有森さんがマラソンランナーとしては遅咲きで必ずしもエリート街道を歩んだ選手でない事を記憶していたが、講演の内容は正に自分の頑張り人生の話に終始していた。話は単なる自慢話ではなく、普通の人が長所を褒められれば本当に頑張れるかであり、それを面白可笑しく語る姿には、一つの事を成し遂げた人が語る言葉として説得力が違う事を改めて思い知らされた。特に、有森さんは、出身地が岡山県で、私のワイフの父親の実家が岡山県井原市であるので、要所要所において岡山弁で話されたのが懐かしくもあり、岡山弁独特の方言に笑いを誘われた。しかし、有森さんが高校の1年時に陸上部の監督に入部を何度も断られたにも拘わらず、執拗に粘り、監督が根負けして入部出来た話には非凡な人と思えた。私自身を振り返ると有森さんと違って器用貧乏なのが災いし、中学時代に陸上競技でも短距離、走り幅飛び、走り高跳びの選手として選ばれたがその後は夢中になって取り組むこともなく終わったことを思い出した。有森さんは褒めて伸ばす必要性を強調し、多くの監督と出会ったが全て長所を褒めて伸ばす方式であり、小出監督などは褒める天才であり、欠点まで長所に言い換える人と語った。人を育てる仕事は学校ばかりではなく、企業も同様である。企業は人なりと言われるが、金融資本主義と言われる時代になって久しいが、労働の流動化に伴って会社で人を育てることには熱心でなく、出来る人達を雇用する流れに変わった。有森さんの話を聞くと改めて褒めて人を育てられる会社が長く存続できる企業と思った次第である。

自動車暴走事故の懸念

最近自動車の暴走による痛ましい事故が起きている。最近も高齢者の運転する自家用車が池袋で暴走し、母子2人が亡くなり、8人が負傷した。自動車事故で家族を亡くした遺族は不条理に際して持って行き場がなく、慰めの言葉もない。暴走事故に懸念とした理由は、高齢者の運転ミスとして報道されることに違和感を覚えたからだ。現代の車は制御装置に電子機器が多く用いられているが、電子機器は電磁波や暑さに弱いことが欠点でもある。勿論、自動車メーカーは当然に理解している事なので、その対策は十分に取られていると思われるが、過去の出来事が私の脳裏から離れず、最近の車の自動運転の良さばかりが報道されることには違和感がある。その出来事とは、1件目は父の自家用車の故障に関係するものである。父が帰郷し、地元のゴルフ場でプレーした後に事件が起きた。帰りの車の運転中にアクセルが勝手に動いてスピードが上がり始めた。この為、父はブレーキを踏み制動したが、ブレーキを緩めるとスピードが高まるので、ブレーキを踏む行為を繰り返し、更に胴体を障害物に擦らせてスピードを落として漸く自宅に帰りついた。父は未だ車が日常的でない時代から乗っており、運転技術にも卓越し、然も田舎であったので機転を聞かして帰宅できたが、運転に未熟で都会での出来事ならば暴走していた可能性も否定できないものであった。2件目は私自身の体験であった。高速道路から降りて側道を走り、主要道路に位置する丁字路で信号待ちし、青信号で左折した時に事件は起きた。主要道路に入った途端にエンジンが空回りして車が動かなくなった。ギアを見るとニュートラルに入っていた。この為、後続車が来ていなかったので、落ち着いてギアを入れなおしたら動き出した。オートマチックの車なので、通常はブレーキとアクセルだけの走行であり、事故の時も赤信号時にブレーキを踏んで青信号でアクセルを踏んだ。丁字路を左折して正面を向いた時にエンジンの空回りが起きた。不安を持ちながら30分程走ってその後は何事もなく無事に帰宅できた。ギアがニュートラルになった理由が不明だったので、帰宅後に自動車販売会社に連絡し、点検に持って行ったのだが、整備担当の連絡で異常が記録されていたことが分かった。しかし、異常の原因は不明との回答であった。上記の2例は機械式の制御時代には想定されない故障であったと思われ、電子制御になって起きた故障と思われる。昨年などは異常な猛暑であり、屋外で屋根がない駐車場の場合には自動車の制御機器にも相当負荷がかかったと推定される。センサーやカメラやAIを搭載した自動車の自動試験運転が世界中で行われているが、世の中は全てトレードオフなので、最近の暴走事故を高齢者による事故としか捉えない風潮は危険と思わざるを得ない。池袋で事故を起した高齢者は通産省の工業技術院の元役人であったそうなので、技術系の人と思われ、アクセルが聞かなくなったと言う発言は高齢者と一言で片づけるには無理があると思われる。SNSなどでは元上級役人なので逮捕されないのは可笑しいと発信しているが、逮捕しない理由は簡単ではないかもしれない。今後、自動運転に向けて電子制御機器に関しては電磁波に対する防御の容器、熱に対しては冷却装置の設置などの対応が進められるかもしれない。何れにしても、自動運転装置は企業秘密でありブラックボックスとなり、事故が起きた時には隠される可能性が高いと思われる。未来が全て過去より良くなると言うのは幻想であり、社会は全てトレードオフなのを心すべきだ。

国産 総合栄養食 手作り 犬 ペット フード お徳用パック3kg(ドッグフード ドットわん 無添加 成犬 ドックフード) 犬 ドッグフード 犬 ペット シニア 高齢犬 仔犬 子犬 パピー ドットワン 18b04hjfc51594-ドッグフード